FC2ブログ

パニック障害について

皆さん、こんにちは。
今日の旭川は秋晴れで気持ちがいいです。


さて、今日は「パニック障害」というものについて僕の考えを少し書いてみますね。



これまでのカウンセリング現場では、この「パニック障害」と病院で診断されたクライアント様も多くいらっしゃいました。
カウンセリング中に急に倒れてしまう方も・・・


今まで多かったのは、 「人混みの中に居るとパニック症状が起きてしまう」 というケースです。

次に多かったのは、 「男性の前になるとパニック症状が起きてしまう」 という女性のケースです。


いずれにしましても、 「不安」というマイナスエネルギーが強まり、「恐怖」のレベルにまで達する時にパニック現象が起きる と僕は考えています。

もちろん、無意識のレベルの話です。


大勢の知らない人たちの中だろうが、相手が男性だろうが、結局は「他人」ですから、他人の中に身を置く環境下に居ると「恐怖」が無意識に働くようなイメージです。


過去に何かあったのでしょうね・・・

その過去が直接的あるいは間接的に作用しているという訳です。


ではまた。


☆公式ホームページ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

著者プロフィール

花田 俊亮

Author:花田 俊亮
大学時代より、心理学や自己啓発に傾倒し、以来、カウンセリングの研究を重ね、「量子力学」、「脳科学」などと自らの延べ4万時間以上に渡る「現場体験」を複合的に組み合わせた独自のカウンセリング技法とコーチング技法『HANADA method』 を確立する。

これまでの現場体験は数多く、人生相談やビジネス相談、健康相談など、改善内容は多岐に渡る。

また、クライアントにおいても、経営者、医師、看護師、保育士、介護士、教師、カウンセラー、公務員などの有職者や、専業主婦、学生、高齢者など幅広く接してきた。

現在は、カウンセリングやコーチングといった個人セッションを行いながら、企業向けサービスやセミナーも行っている。

更には量子医療の研究開発に力点を置き、心身の様々な病気に対する代替医療の確立を進めている。

最新記事
コンテンツ分類
検索フォーム
ブログ村ランキング
いつもありがとうございます
お薦めサイト
にほんブログ村
クリックをお願いします♪
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR