FC2ブログ

「ヤル気」が起きない要因可能性。

カウンセリング
10 /10 2017
皆さん、こんばんは。
旭川は秋が深まってきています。



さて、今日のテーマは「ヤル気」についてです。

まず、ヤル気が起きない要因には幾つか考えられますので、ヤル気が起きないからといって一つの要因だけでは無い可能性もあるという事を認識しておいて下さい。



第一に最も多いケースが、やりたくない事をやっている場合です。
これは実に多いですね。

また、要注意なのが、本人がやりたいと誤認識している(間違ってそう思い込んでいる)ケースがあるという事です。
これは本人が気付いていない場合が多いです。



次に多いケースが、やらなければならないから仕方なくやっている場合です。
これも多く見受けられます。


いわゆる義務感ですね。
あるいは強制されている場合もありますね。

この場合ですと、本人の意思が無い為に、ヤル気が起きてこない。


次いで多いケースが、目的が無い、目的が分からない、目的が明確でないという場合です。
これまた多い。


つまり、何か物事を行う上で、それを行う意味や意義、価値などを見出せていないのです。


これら3つのケースは代表例です。
他にもまだありますが・・・



いずれにしましても、もしもヤル気が起きないという現象が起きているのでしたら、必ず要因がありますので、じっくりと考えてみる事をお勧めします。

ではまた。


公式ホームページ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。