Future Design 起きた現象をどのように捉えるか?

プロフィール

花田俊亮

Author:花田俊亮
1973年・北海道旭川市生まれ。
旭川東高卒。神奈川大学経営学部国際経営学科卒。
HANADA method 技法 研究開発者。
HANADA method 代表カウンセラー。
上級心理カウンセラー(JADP)。メンタル心理カウンセラー(JADP)。
思考トレーナー。ブレインカウンセラー。ライフエンジニア。
株式会社AGITO代表取締役。

 大学時代より、「心理学」や「自己啓発」に傾倒し、以来、脳科学や物理学といった「科学的要素」と、延べ17年間の数多いカウンセリング経験から得た「知恵(非科学的要素)」などを複合的に組み合わせた独自のカウンセリング技法(HANADA method)を確立する。現在も新たな技法の研究開発に励み続ける。

 また、東京や横浜などで14年間に渡り複数の起業・経営・人材教育管理してきた体験もトレーニング技法に取り入れ、個人セッションやセミナーなどで伝達している。

 個人的な趣味は、アコースティックギターによる作詞作曲。


☆Future Design 公式サイト
 http://human-skill.jimdo.com/

☆WEBご予約サイト(クレジットカード決済専用)
 http://academia.thebase.in/

☆カウンセリングTELご予約
 090-9374-6823(花田直通)
 ※平日9時~18時

☆お問合せ先E-mail
 future.d.f@ab.auone-net.jp(花田直通)

◎活動拠点:北海道旭川市


コンテンツ分類


ブログ村ランキング


DATE: CATEGORY:思考トレーニング
皆さん、こんばんは。
世間は3連休ですね。
お陰様で僕は日曜日だけお休みでした。



さて、皆さんは「問題」や「悩み」を抱えていますか?

当たり前でしょ!って聞こえてきそうですが、果たして本当に「当たり前」なのでしょうか? 



例えば、一つ例を挙げてご説明しますが、

(現象) 傘を持たずに出かけ、途中で雨が降ってきた


この現象に対して、


(捉え方1) あ~最悪~ 


このように感情(主観的)で捉える人が居ます。


(捉え方2) 傘は持っていないけど、雨が降ってきたな・・・ 

このように思考(客観的)で捉える人も居ます。


上のどちらで捉えるかはその人の自由なのですが、要は、起きた現象に対してどのような捉え方をし、どのような気持ちになっているのかという事です。

上の例で言いますと、(捉え方1)は嫌な気持ちになっていますが、(捉え方2)では少なくとも嫌な気持ちにはなっていません。


つまり、何が言いたいのかと申しますと、

起きた現象に対してどのように捉え方によって気持ちは異なる

という事です。


ではまた。

公式ホームページ
関連記事

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

tag : カウンセリング うつ 思考力 感情 生きる ネガティブ ポジティブ 判断

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 Future Design all rights reserved.Powered by FC2ブログ