起きた現象をどのように捉えるか?

個人コーチング
10 /09 2017
皆さん、こんばんは。
世間は3連休ですね。
お陰様で僕は日曜日だけお休みでした。



さて、皆さんは「問題」や「悩み」を抱えていますか?

当たり前でしょ!って聞こえてきそうですが、果たして本当に「当たり前」なのでしょうか? 



例えば、一つ例を挙げてご説明しますが、

(現象) 傘を持たずに出かけ、途中で雨が降ってきた


この現象に対して、


(捉え方1) あ~最悪~ 


このように感情(主観的)で捉える人が居ます。


(捉え方2) 傘は持っていないけど、雨が降ってきたな・・・ 

このように思考(客観的)で捉える人も居ます。


上のどちらで捉えるかはその人の自由なのですが、要は、起きた現象に対してどのような捉え方をし、どのような気持ちになっているのかという事です。

上の例で言いますと、(捉え方1)は嫌な気持ちになっていますが、(捉え方2)では少なくとも嫌な気持ちにはなっていません。


つまり、何が言いたいのかと申しますと、

起きた現象に対してどのように捉え方によって気持ちは異なる

という事です。


ではまた。

公式ホームページ
関連記事

Toshy

1973年・北海道生まれ。
東京都内の会計事務所を経た後、起業家として複数の企業・団体を創業。
その後、カウンセリングやコーチングに専念する。

20歳の時から心理学や自己啓発に目覚め、数多くの書籍を研究し始める。
その後、脳科学や量子物理学、神経学などといった科学的な分野の研究も始め、数多くの個人セッション体験や人材管理経験に科学的理論を交えたオリジナル技法(HANADA method)を開発。
これまで延べ17年間に渡り、数多くの人々の問題や悩み事、不調を解決・改善する手助けや、人材教育管理等を行ってきた。

常識に捉われない着想と発想により、自力解決できない状態にあるクライアントに対し、可能な限り最短での解決法・改善法を取り入れる事に重きを置く。

カウンセリングやコーチングなどに用いる専用ワークシートやプログラムテキストは計3,000ページ以上に及ぶ膨大な内容となっており、クライアントの状況や状態、症状などに応じて最適なものが選択可能となっている。

これまでの個人クライアントには、会社経営者、個人事業主、医師、看護師、教師、保育士、介護士、自衛官、営業マン、事務職、公務員、中学生、高校生、大学生、専業主婦、無職の人など幅広い層の人たちがいる。

現在は、従来の個人カウンセリングや個人コーチング、企業コーチングをはじめ、執筆活動、各種ビジネスデザイン、研究開発に力を注いでいる。

ブレイントレーナー。
メンタルコーチ。
上級心理カウンセラー。
人財アドバイザー。
経営アドバイザー。
自由人。