FC2ブログ

『哀しみ』のその向こうに。

コーチング
07 /31 2017
こんばんは。
今夜も旭川に居ます。

さて、今夜は『哀しみ』について。

『哀しみ』は『悲しみ』とは違うと僕は認識しています。

『悲しみ』とは意識上の表面的なものであり、 『哀しみ』とは無意識から来る大きな憂い だと。

僕もかつては『哀しみ』に似たようなものを抱いていたのかもしれません。
それは孤独に近く、心の居場所が無い孤立状態みたいなもの。

クライアント様と出逢う度、僕の過去と似ているように思える瞬間も多々あります。

そんな時、懐かしさに似た、そんな心境に陥ります。

人なんて所詮は弱き生き物であり、誰一人として強き存在なんて無いのだと腑に落ちた時、その時に人は少しの強さを身に付けるのかもしれません。

元々、強弱を語る必要もなく、僕らは動物的でありながらも人間であり、れっきとした人間脳を持ち合わせている訳で、そんな中で短い人生を生き延びている訳であります。

誰も悪くない。

良きも悪くも無い世の中という認識を持った時、人は新たなるステージへ進めるのかな?と僕は感じます。

そういう訳で、また。

http://human-skill.jimdo.com/
関連記事

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。