FC2ブログ

人は辛い時、『感謝』を忘れ切ってしまっている。

コーチング
07 /29 2017
こんばんは。
日の入りも随分と短くなりつつある旭川から。

自分もそうでしたが、辛いなって感じてる時って、大抵の場合、感謝してませんね。

大事な人たちや、生きてる事などに対する感謝の念を失ってる状態です。

感謝の波動はとても高くて、感謝しているとポジティブになれます。

でも、感謝していないとネガティヴになりやすい。

ありがとう。

辛くても有り難い。
苦しくても有り難い。
結果が出ていなくても有り難い。
面白くなくても有り難い。


そんな気持ちを意識できた時、人は新たなステージへ向かうのだと感じます。


http://human-skill.jimdo.com/
関連記事

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。