FC2ブログ

『本当の自分』とは何か?

カウンセリング
07 /14 2017
こんにちは。
今日の旭川も相当暑いです・・・

なかなか素敵な夏です(笑)



さて、今日のテーマは、『本当の自分』についてです。

俗に言う、 「自分らしさ」 って、一体何でしょうね?


こんなのは「私らしく」ない!

これが「私らしさ」!



その違いは何ですかね?


僕が思うに、『本当の自分』(自分らしさ)とは、 『楽』に生きられている状態 を意味するのだと。


この観点から言いますと・・・

・今日も仕事に行きたくない

・晩御飯の支度をしたくない

・育児に疲れ果てた

・無理してでも家族を養わなければならない

・営業ノルマを達成しなければいけない

・勉強が嫌いだけど机に向かわなければ


これらは全部、「自分らしく」ない状態にあると言えます。


だって、仕方ないでしょ?

だって、それが現実でしょ?

だって、他に誰が代わりにやってくれるの?



このような言葉が聞こえてきました(笑)

『だって・・・』


いわゆる「後付けの言い訳」です。

後から、自分の正当性を図る為に付けている言い訳という意味です。


これらの言い訳は「誰か」に対してしているものではなく、 「自分自身」に対してしている言い訳 なのです。


では、この「自分自身」とは、どんな人間なのでしょうか?

そうです。

『楽』に生きられていない状態の人間です。


つまり、 『自分らしく』生きられていない状態の人が、『自分自身』に対して言い訳しながら生きている のです。

なんという不快でしょう・・・


『本当の自分』とは、 『楽』に生きられている事により、『自分自身』に対して、『言い訳』をしなくても良い状態 を意味するものだと僕は考えます。


それを実現する為にも、やりたい事を選び、やりたいようにやり、やりたくない事は出来るだけ避ける(逃げ切る)方が望ましいでしょうね。

そうすれば、自然と、『自分自身』に対する『安心感』が芽生え、 『不安』『恐怖』が薄れていきます。

要は、子供みたいに生きれば良い のだというのが僕の見解です。


☆Future Design 公式サイト


にほんブログ村
関連記事

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。