FC2ブログ

『執着』が自分自身を苦しめている。

コーチング
07 /13 2017
おはようございます。
34度の予想最高気温が出ている旭川からお届けしています。


それにしましても今年の夏は暑いです・・・


さて、今日のテーマは『執着』についてです。


人は生きているうちに、いろいろなモノに対して執着し始めます。
意識でも無意識でも。

ですが、それらの執着こそが実は自分自身を大いに苦しめている『元凶』なのです。



・過去に味わった嫌な感情

・過去に起きた嫌な出来事

・お金

・学歴

・社会的地位、名誉

・人からの賞賛、高評価

・家族、子供

・健康



執着の対象はたくさんあります。
ですが、いずれにしても自分自身を追い込んでしまう要因になってしまいます。



では、どうすれば執着から逃れられるのでしょうか?


最も効果的な方法は、前回のブログでもお伝えしたように『感謝』の気持ちを常に意識する事です。
これが一番効果的だと考えます。


今の状況や状態に感謝なんて出来ないよ・・・

こんな人も居るでしょう。


そんな人にお勧めなのが、執着の対象を『単なる現象』だと捉えてみる方法です。


つまり、


・過去に味わった嫌な感情 → 嫌な感情を味わったという『現象』が過去にあった

・過去に起きた嫌な出来事 → 嫌な『現象』が過去にあった

・お金 → 年収が上がる(下がる)『現象』が起きた、お金に困る『現象』が起きている

・学歴 → 大学に受かった(落ちた)という『現象』があった

・社会的地位、名誉 → 出世した(出世できない)という『現象』が起きた

・人からの賞賛、高評価 → 人から認めてもらえた(認めてもらえない)という『現象』が起きた

・家族、子供 → 結婚(離婚、出産)したという『現象』が起きた(『現象』が起きない)

・健康
 → 病気(ケガ)という『現象』が起きた


このように、全ての物事や出来事を『現象が起きた』と捉えてみるのです。


すると、ネガティヴな感情のエネルギーが和らいでいきます

是非、お試し下さい。


☆Future Design 公式サイト
関連記事

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。