FC2ブログ

『考え抜いた』先に在るモノ。

皆さん、こんばんは。
旭川からお届けしています。

僕は、「ただの心理カウンセラー」である事が嫌になった時期がありまして、それは何故かと言いますと、改善できないクライアント様が何人か居た事によるものです。

あの時は、「僕が学んできた心理学が通用しない」と落ち込んだものです。

あらゆる自己啓発本を読み漁り、セミナーにも参加し、専門雑誌も月刊で何冊も購読してみました。

ですが、成果はあまり出ませんでした。

そのうち、アンソニー・ロビンスという素晴らしい人の存在を教えて頂き、何度も繰り返し本を読みました。

そして、脳科学という学問にも出逢えました。

僕が物理学から得たものは、「在る」か「無い」かの世界でした。

つまり、

「幸せ」か「不幸せ」か。

「楽しい」か「楽しくない」か。

「やりたい」か「やりたくない」か。


その二者しか存在しないシンプルな世界でした。


脳科学をカウンセリング手法に取り入れてから12年目に入ります。
もちろん、科学が全てではありません。経験から得た知恵も混ぜてあります。

そうやって駆使してきた今、つまりは「考え抜いた結果」、また一つの結論に達しようとしています。

それは、

考え抜かない方が良い

というものです。


物事や他人が見え過ぎると辛くなります。
だから見抜かない方が楽なのです。


それは自分自身に対しても同じです。
分からない方が楽なのです。


よく、『自分をもっと知りたい』という人が居るのですが、本当は知らない方が楽に生きられるのかもしれません。

『知らない』という不安定さの中でこそ、どこか『楽しめる』のかもしれません。


イライラしている人を見て、『どうしてあの人はイライラしているのだろう?』と本質を見抜くのではなく、『イライラする出来事でもあったんだろうな』で考えを止める時、人はまた精神的な自由性を帯びるのかもしれません。

最近はそんな事を考えているのです。

では、また。

関連記事
著者プロフィール

花田 俊亮

Author:花田 俊亮
大学時代より、心理学や自己啓発に傾倒し、以来、カウンセリングの研究を重ね、「量子力学」、「脳科学」などと自らの延べ4万時間以上に渡る「現場体験」を複合的に組み合わせた独自のカウンセリング技法とコーチング技法『HANADA method』 を確立する。

これまでの現場体験は数多く、人生相談やビジネス相談、健康相談など、改善内容は多岐に渡る。

また、クライアントにおいても、経営者、医師、看護師、保育士、介護士、教師、カウンセラー、公務員などの有職者や、専業主婦、学生、高齢者など幅広く接してきた。

現在は、カウンセリングやコーチングといった個人セッションを行いながら、企業向けサービスやセミナーも行っている。

更には量子医療の研究開発に力点を置き、心身の様々な病気に対する代替医療の確立を進めている。

最新記事
コンテンツ分類
検索フォーム
ブログ村ランキング
いつもありがとうございます
お薦めサイト
にほんブログ村
クリックをお願いします♪
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR