FC2ブログ

人を「許す」という事。

コーチング
06 /20 2017
こんにちは。
快晴の旭川からお届けしています。

さて、夏らしい陽気になってきました。


早速ですが、今日のテーマは「人を許すという事」についてです。


対人関係のトラブルは人間界で生きている以上、よくある現象ですし、避けては通れないものですよね?
そんな時、「あいつは許せない!」とかなる訳ですが、 「許す」とは何でしょうね?



イメージとしましては、 「心で許す」 みたいな感覚かもしれません。
ですが、生身の人間、果たしてそれが出来るのでしょうか?



僕が使っている方法は、 「頭で許す」 です。

人は感情的(心が乱れている状態)になっている時に、相手を許す事など出来ないでしょう。
人は神様や仏様では無いのですから。


このような「心が乱れている状態」を整える為には、 「頭を動かす」 しかないと考えます。

つまり、自分自身について、いろいろと考えてみる
あるいは、自分自身を様々な方向から観てみる。 


そうやって、 「意識上」 にある波風(マイナスの波動)を鎮めていく。


今の自分が相手に対して怒っている(あるいは憎んでいる、妬んでいる)事は、自分の幸せに繋がっているのか?

今の自分が相手に対して怒っている状態は、幸せな状態なのか?

自分が何を守る為に相手に怒っているのか?

本当に自分の人生が相手によって大きく左右されているのか?


こんな風に僕は考えてみるのです。

すると、楽になっていきます。
楽になるという事は頭が動いた証拠です。



生きている限り、対人関係トラブルは避けられないかもしれません。
ただ、そんな時こそ、自分自身の本心(無意識)に目を向けてみたいです。


自分の本心(無意識)を騙す事など誰にも出来ないのですから・・・


今日もありがとうございました。



☆公式ホームページ

☆カード決済専用サイト
関連記事

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。