FC2ブログ

人を「許す」という事。

こんにちは。
快晴の旭川からお届けしています。

さて、夏らしい陽気になってきました。


早速ですが、今日のテーマは「人を許すという事」についてです。


対人関係のトラブルは人間界で生きている以上、よくある現象ですし、避けては通れないものですよね?
そんな時、「あいつは許せない!」とかなる訳ですが、 「許す」とは何でしょうね?



イメージとしましては、 「心で許す」 みたいな感覚かもしれません。
ですが、生身の人間、果たしてそれが出来るのでしょうか?



僕が使っている方法は、 「頭で許す」 です。

人は感情的(心が乱れている状態)になっている時に、相手を許す事など出来ないでしょう。
人は神様や仏様では無いのですから。


このような「心が乱れている状態」を整える為には、 「頭を動かす」 しかないと考えます。

つまり、自分自身について、いろいろと考えてみる
あるいは、自分自身を様々な方向から観てみる。 


そうやって、 「意識上」 にある波風(マイナスの波動)を鎮めていく。


今の自分が相手に対して怒っている(あるいは憎んでいる、妬んでいる)事は、自分の幸せに繋がっているのか?

今の自分が相手に対して怒っている状態は、幸せな状態なのか?

自分が何を守る為に相手に怒っているのか?

本当に自分の人生が相手によって大きく左右されているのか?


こんな風に僕は考えてみるのです。

すると、楽になっていきます。
楽になるという事は頭が動いた証拠です。



生きている限り、対人関係トラブルは避けられないかもしれません。
ただ、そんな時こそ、自分自身の本心(無意識)に目を向けてみたいです。


自分の本心(無意識)を騙す事など誰にも出来ないのですから・・・


今日もありがとうございました。



☆公式ホームページ

☆カード決済専用サイト
関連記事

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

著者プロフィール

花田 俊亮

Author:花田 俊亮
大学時代より、心理学や自己啓発に傾倒し、以来、カウンセリングの研究を重ね、「量子力学」、「脳科学」などと自らの延べ4万時間以上に渡る「現場体験」を複合的に組み合わせた独自のカウンセリング技法とコーチング技法『HANADA method』 を確立する。

これまでの現場体験は数多く、人生相談やビジネス相談、健康相談など、改善内容は多岐に渡る。

また、クライアントにおいても、経営者、医師、看護師、保育士、介護士、教師、カウンセラー、公務員などの有職者や、専業主婦、学生、高齢者など幅広く接してきた。

現在は、カウンセリングやコーチングといった個人セッションを行いながら、企業向けサービスやセミナーも行っている。

更には量子医療の研究開発に力点を置き、心身の様々な病気に対する代替医療の確立を進めている。

最新記事
コンテンツ分類
検索フォーム
ブログ村ランキング
いつもありがとうございます
お薦めサイト
にほんブログ村
クリックをお願いします♪
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR