FC2ブログ

何故、人を恨むのか?

コーチング
05 /11 2017
皆さん、こんにちは。
今日の旭川は雨模様です。
 


さて、今日のお題は、 「人に対する恨み・憎しみ・怒り」の感情 についてです。

これらのネガティヴ感情は対人関係において、まさに多く見られる現象ですが、どうしてこのようなネガティヴ感情が生まれてしまうのでしょうか?


まず最初に申しておきますが、これらの「恨み・憎しみ・怒り」は3大ネガティヴ感情ですので、思考が停止している事を表しています。

ですから、最適な行動は取れない状態です。



では、このような感情を持ってしまう要因は何でしょうか?

まず挙げられる要因としましては、何らかの望ましくない現象(問題や悩み事など)に対して、自分で解決する思考力が無い事です。


ですから、人を憎んだりする事で自分を守ろうとしているのです。


次にあげられる要因としましては、考えるエネルギーが無い事です。

ですから、相手の責任にして結論を出すしか無い のです。



これら2つの要因はよく見かけますね。


結局のところ、ヒューマンスキルが不足している事が要因なのです。

自分が抱えている問題や悩み事の「原因の本質」を分析する思考力が不足していたり、行動を改善する思考力が不足していたり、あるいは、精神力(胆力)の回路が無かったり・・・



こういった内容の記事を書きますと、たまにこう言われる事があります。

「偉そうに言うな!」

「上から目線でモノを言うな!」

「おまえに何が分かる!」

「まだ努力しろと言うのか!」



などなど・・・


このような記事を読んで、「こういう考え方もあるんだな」と捉える思考力が不足しているからですね。
本来、人の意見や考えに対し、優劣は無いはずです。
ですが、思考力が不足している状態にある人は、○×を付けたがる のです。


昨今、ネット上では匿名性を利用して他人を批判したり脅すなどの行為を行う人が多数います。
まさに思考力不足の状態だと推測します。


どうして思考力不足になるのかと言いますと、自分を大切に取り扱っていないからです。
自分を大切に取り扱っていない人は、何らかの形で他責になります。

それでは、また。


Future Design 公式ホームページ
関連記事

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。