FC2ブログ

人は無意識のうちに「不安」や「恐怖」を味わおうとしている。

おはようございます。
今朝も快晴の旭川からお届けしています。

昨日は息子の卒園式でして、本当に泣けました・・・(笑)
やはり、ハンカチは必須アイテムですね。



さて、今日のテーマは「無意識の選択」です。

人は自分の無意識には気づけません。
ですが、無意識に支配されている人生です。

ですから、人生がうまくいっていないのは無意識の中に原因の本質があるのです。


あなたはどうして毎日のように不安なのでしょうか?
それは、あなたの無意識がわざと不安を感じるように選んでいるからです。

あなたはどうして毎日のように恐怖心を抱いているのでしょうか?
どうして失敗が怖いのでしょうか?
どうして過呼吸が怖いのでしょうか?
どうして他人が怖いのでしょうか?
それは、あなたの無意識がわざと恐怖を感じるように選んでいるからです。



では、どうして、あなたの無意識はそんな感情を選んでしまうのでしょうか?

それは、選ぶ事に慣れてしまっているからです。


人はどんな事であれ、慣れている事に対しては苦痛を感じません。
慣れている方を優先します。

何か考え事をしていても迷わず自宅に帰れるように。
それは自宅までの帰り道に慣れているからです。
ですから、無意識に自宅に帰れるのです。

これと同じメカニズムです。


あなたは無意識に慣れている感情を選び、その感情を味わっているのです。
そういう思考回路を作ってしまったのです。(これを思考癖と呼びます)


この思考癖を取り除く事は非常に厄介です。
何年間、その思考回路を使い続けてきたかで、カウンセリング回数や完全回復までの期間に影響を及ぼします。


公式ホームページはこちら
関連記事

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

著者プロフィール

花田 俊亮

Author:花田 俊亮
大学時代より、心理学や自己啓発に傾倒し、以来、カウンセリングの研究を重ね、「量子力学」、「脳科学」などと自らの延べ4万時間以上に渡る「現場体験」を複合的に組み合わせた独自のカウンセリング技法とコーチング技法『HANADA method』 を確立する。

これまでの現場体験は数多く、人生相談やビジネス相談、健康相談など、改善内容は多岐に渡る。

また、クライアントにおいても、経営者、医師、看護師、保育士、介護士、教師、カウンセラー、公務員などの有職者や、専業主婦、学生、高齢者など幅広く接してきた。

現在は、カウンセリングやコーチングといった個人セッションを行いながら、企業向けサービスやセミナーも行っている。

更には量子医療の研究開発に力点を置き、心身の様々な病気に対する代替医療の確立を進めている。

最新記事
コンテンツ分類
検索フォーム
ブログ村ランキング
いつもありがとうございます
お薦めサイト
にほんブログ村
クリックをお願いします♪
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR