FC2ブログ

人は無意識のうちに「不安」や「恐怖」を味わおうとしている。

カウンセリング
03 /18 2017
おはようございます。
今朝も快晴の旭川からお届けしています。

昨日は息子の卒園式でして、本当に泣けました・・・(笑)
やはり、ハンカチは必須アイテムですね。



さて、今日のテーマは「無意識の選択」です。

人は自分の無意識には気づけません。
ですが、無意識に支配されている人生です。

ですから、人生がうまくいっていないのは無意識の中に原因の本質があるのです。


あなたはどうして毎日のように不安なのでしょうか?
それは、あなたの無意識がわざと不安を感じるように選んでいるからです。

あなたはどうして毎日のように恐怖心を抱いているのでしょうか?
どうして失敗が怖いのでしょうか?
どうして過呼吸が怖いのでしょうか?
どうして他人が怖いのでしょうか?
それは、あなたの無意識がわざと恐怖を感じるように選んでいるからです。



では、どうして、あなたの無意識はそんな感情を選んでしまうのでしょうか?

それは、選ぶ事に慣れてしまっているからです。


人はどんな事であれ、慣れている事に対しては苦痛を感じません。
慣れている方を優先します。

何か考え事をしていても迷わず自宅に帰れるように。
それは自宅までの帰り道に慣れているからです。
ですから、無意識に自宅に帰れるのです。

これと同じメカニズムです。


あなたは無意識に慣れている感情を選び、その感情を味わっているのです。
そういう思考回路を作ってしまったのです。(これを思考癖と呼びます)


この思考癖を取り除く事は非常に厄介です。
何年間、その思考回路を使い続けてきたかで、カウンセリング回数や完全回復までの期間に影響を及ぼします。


公式ホームページはこちら
関連記事

コメント

非公開コメント

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。