「自由」に生きるとは何か?

個人コーチング
03 /14 2016
こんにちは。
ご無沙汰しています。
なかなかブログ更新が出来ない日々が相変わらず続いています・・・

今日もカウンセリングとカウンセリングの合間を縫って更新させて頂きます。


さて、今日、僕が選んでみたテーマは「自由」です。


皆さんは、この「自由」をどのように捉えられていますか?



クライアント様方に質問してみた答えを書いてみますね。

・何の束縛や制限が無い事

・自分が使える時間が多くある事

・お金の心配が無く、やりたい事が出来る事



これらの答えが多かったですね。


まあ、世間でいうところの「自由」のイメージでしょう。

別に僕は人それぞれだと思っていますので、これらの答えに○×は付けません。



では、僕が捉えている「自由」というものを書いてみますね。
僕が捉えている「自由」とは・・・



分が生きる理がはっきりしている状態」


僕の中ではこれが「自由」です。

自分が何の為に生きているのか?
その理由に対して明確に把握できている状態にある場合、その人は「自由」であるという意味です。



ですから、僕から観た場合、多くの人は「自由」ではありません。
勿論、これはあくまでも僕の「観方」です。



「あなたは何の為に生きていますか?」


この質問に即答で明確に答えられた人は本当に少ないです。

ですから、僕は答えられなかった人を「不自由」だと認識します。

つまり、「自分が生きている理由が無い」という認識です。


このように、僕が捉えている「自由」とは、お金や時間などには無関係であって、そんな要素はどうでもいい事なのです。

どんなに収入が高くて、どんなに時間が多くあったとしても、「自分が生きている理由」が不明確であれば、果たして真の幸福感は得られるでしょうか?真の充足感は得られるでしょうか?

僕にはとてもそうは思えません。



あと、よくありがちな事としまして、母親などに多いのですが、 「子供の為に生きています」という答え。

一見、生きる明確な理由のように見えますが、僕の中ではこれも「?」が付いてしまいます。


誤解が無いように申しておきますが、僕も子の親です。
ですが、「子供の為に生きている」という理由は全くありません。



その理由としましては、「子供の為に生きる」という事を僕が生きる理由に据えてしまいますと、子供が全てになってしまうからです。「全て」とは一種の固定概念であり、いわゆる思い込みです。

すると、子供に対する「思い込み」が子供を「自由」にさせなくなる
僕はそう認識しているのです。



「子供の為に生きている」と考えている親が、結果として子供に自らが生きる明確な理由を与えなくなってしまう。

何故なら、過保護や過干渉が発生するからです。



子供に対する過保護や過干渉は、子供の正常な発育においては邪魔なものです。
それは、子供が本能的に持つ防衛本能に起因しています。

子供は本来、失敗を繰り返しながら成長するようにプログラミングされている訳ですから、過保護や過干渉によって子供に失敗させないようにしてしまいますと、子供の脳が発達しないのです。

つまり、考えられない大人になる訳です。



その結果、思考停止が起こり、感情的な大人になるのです。


まあ、少し話が逸れてしまいましたが、これが僕の「自由」の定義です。

関連記事

コメント

非公開コメント

Toshy

1973年・北海道生まれ。
東京都内の会計事務所を経た後、起業家として複数の企業・団体を創業。
その後、カウンセリングやコーチングに専念する。

20歳の時から心理学や自己啓発に目覚め、数多くの書籍を研究し始める。
その後、脳科学や量子物理学、神経学などといった科学的な分野の研究も始め、数多くの個人セッション体験や人材管理経験に科学的理論を交えたオリジナル技法(HANADA method)を開発。
これまで延べ17年間に渡り、数多くの人々の問題や悩み事、不調を解決・改善する手助けや、人材教育管理等を行ってきた。

常識に捉われない着想と発想により、自力解決できない状態にあるクライアントに対し、可能な限り最短での解決法・改善法を取り入れる事に重きを置く。

カウンセリングやコーチングなどに用いる専用ワークシートやプログラムテキストは計3,000ページ以上に及ぶ膨大な内容となっており、クライアントの状況や状態、症状などに応じて最適なものが選択可能となっている。

これまでの個人クライアントには、会社経営者、個人事業主、医師、看護師、教師、保育士、介護士、自衛官、営業マン、事務職、公務員、中学生、高校生、大学生、専業主婦、無職の人など幅広い層の人たちがいる。

現在は、従来の個人カウンセリングや個人コーチング、企業コーチングをはじめ、執筆活動、各種ビジネスデザイン、研究開発に力を注いでいる。

ブレイントレーナー。
メンタルコーチ。
上級心理カウンセラー。
人財アドバイザー。
経営アドバイザー。
自由人。