なぜ、僕が完治までの早さにこだわるのかの理由。

個人カウンセリング
02 /29 2016
おはようございます。
久しぶりのブログ更新となりました。

最近はじっくりとブログ内容を考えた上で書き上げる時間が取れなくなっておりまして・・・

それに致しましてもブログをはじめとするインターネットの力って凄いですよね~
改めてそれを感じます。

僕がブログを更新しますと、ブログ経由からWEBご予約サイトへアクセスされる人数が平均して1日約400名様以上なのですが、ブログを更新しませんと100名様以下(2ケタ)になります。




さて、それでは本日のお題に移りたいと思います。
本日は、何故、僕が完治までの早さにこだわるのか?というものです。

今回、どうしてこのテーマを選んだのかと言いますと、FacebookといったSNSなどでカウンセラーや医師などが「早く治れば良いというものでもありません。焦らずゆっくり治療を受けましょう」みたいな事を目にする機会が増えてきたからです。

まあ、たまたま僕が目にする機会が増えただけなのかもしれませんが。



それ故に、僕は異議を唱えようかと思った訳です。

なぜ、「異議」を唱える必要性があるのか?

それは要約しますと以下の2つの理由からです。



①ご依頼者様の不調を1日でも早く回復させる事がカウンセラーとしての使命だと考えるから

②ご依頼者様の時間や金銭的な背景には余裕が無い人の方が圧倒的に多いから




①に関しましては、カウンセラーや医師に完治させるだけの明確なスキルがあるのであれば、「早く治せば良いというものでもない」といった発言にはならないのではないかと。観方を変えれば、言い訳しているように考えられなくもない。

例えば、インフルエンザにかかって辛い症状が出ている人に対して、「早く治せば良いというものでもありませんよ。ゆっくり焦らずに治療しましょうね」などと言うでしょうか?

言われた方はたまりません。別な所へ行くでしょう。


それと同じ事だと思うんですよね、この発言の次元は。



それと、②に関しましては切実な問題であり事実です。
僕の元へ来られる多くのクライアント様が無職であったりします。調子が悪いのですから当然と言えば当然ですよね?
従って、お金が無い人が多い。

こういう人たちに対して、「ゆっくり治療していきましょうね」なんて僕には言えません。
出来るだけ早く完治に導かせて頂き、少しでも費用を圧縮させないと。


世の中にはカウンセリングを受けたくても費用の面で受けられない人たちが多く居ると思います。
中には借金してまでカウンセリングを受けられる人も居るんです。

そういう人たちに対し、カウンセラーはどう在るべきか?




最短最速で完治に導く



これが治療者側の「在り方」なのではないかと僕は考えるものです。


言いたくありませんが、世の中には少なからず「金の亡者」が存在します。
カウンセラーだけでなく、整体師や針きゅう師、歯科医などに多いとされています。

その理由は簡単です。

目に見えないからです。

目に見えない所を治療しているので、素人の患者側には分からないのです。


心の中も頭の中も目に見えません。
骨や筋肉、内臓なども目に見えない。
口の中もはっきりとは目に見えない。

だから騙しやすい(過激な表現ですが・・・)



それ故に、治療者側に高度なスキルだけでなく、モラルが欠かせないのです。

この「モラル」とはヒューマンスキルでいうところの「人間性」の最低次元のスキルです。

この最低次元のスキルも身に付けていない人間が、人様の治療にあたってはいけないと僕は考えます。



先日も某クライアント様が完治されたのですが、僕の元へ来られるまでに他のカウンセラーへ総額200万円以上(期間は2年間)を費やしたそうです。百歩譲って、それで完治したのならまだしも、完治しないのですから恐ろしい話です。

僕はもうそういう話を聞きたくはない。
同じプロとして、くだらないし、次元が低すぎる。



はっきり言って、気に入らない


精神的に悩み苦しんでいる人たちを馬鹿にしているとしか思えないのです。
そういった低次元な姿勢が悩み苦しむ人たちの人格にまで悪影響を与えかねないという事すら考えが及ばない。
だから低次元のままなのに、カウンセラー御殿が建つ。高級ホテルのラウンジでシャンパンが飲める。
実力者がそれをするなら、その人の勝手ですが、少なくとも実力を伴っていない人がする行為ではない。


数々のクライアント様から話を聞く度に気に入らないですね・・・


今週も数名様の新規クライアント様が入られています。
僕はいつも通り、最短で完治に導きます。

これは正義を振りかざしているのではなく、当たり前の事です。



◎完治したい方はどうぞご利用下さい

関連記事

コメント

非公開コメント

Toshy

1973年・北海道生まれ。
東京都内の会計事務所を経た後、起業家として複数の企業・団体を創業。
その後、カウンセリングやコーチングに専念する。

20歳の時から心理学や自己啓発に目覚め、数多くの書籍を研究し始める。
その後、脳科学や量子物理学、神経学などといった科学的な分野の研究も始め、数多くの個人セッション体験や人材管理経験に科学的理論を交えたオリジナル技法(HANADA method)を開発。
これまで延べ17年間に渡り、数多くの人々の問題や悩み事、不調を解決・改善する手助けや、人材教育管理等を行ってきた。

常識に捉われない着想と発想により、自力解決できない状態にあるクライアントに対し、可能な限り最短での解決法・改善法を取り入れる事に重きを置く。

カウンセリングやコーチングなどに用いる専用ワークシートやプログラムテキストは計3,000ページ以上に及ぶ膨大な内容となっており、クライアントの状況や状態、症状などに応じて最適なものが選択可能となっている。

これまでの個人クライアントには、会社経営者、個人事業主、医師、看護師、教師、保育士、介護士、自衛官、営業マン、事務職、公務員、中学生、高校生、大学生、専業主婦、無職の人など幅広い層の人たちがいる。

現在は、従来の個人カウンセリングや個人コーチング、企業コーチングをはじめ、執筆活動、各種ビジネスデザイン、研究開発に力を注いでいる。

ブレイントレーナー。
メンタルコーチ。
上級心理カウンセラー。
人財アドバイザー。
経営アドバイザー。
自由人。