FC2ブログ

「一瞬にしてメンタルが下がった人」(物語風)

コーチング
02 /17 2016
こんにちは。
今日はどうも朝からリズムに乗れない一日です。
まあ、大した事ではないのですが(笑)


さて、今日のお題は「一瞬にしてメンタルが下がった人」です。
少しいつもと趣旨を変えて、今日は物語風にお届けしたいと思います。



【登場人物】
A雄
B子
※A雄とB子は恋人同士




【物語スタート】

B子 「今夜はもう少しだけ一緒に居たいなぁ・・・」(感情)
A雄 「俺もそう思うけど、B子は少し疲れているから今夜はもう帰った方がいいよ」(論理的思考)


それまでA雄とB子は仲良く笑いながら時間を過ごしていた。
時間は夜の9時半過ぎ。

ここのところB子は仕事や用事などが目白押しだった為、肉体的に疲労が溜まっていた。


A雄 「またすぐに会える訳だし、今夜はゆっくり休んでよ」(論理的思考)
B子 「・・・分かった」(感情の抑圧)


そうして二人はそれぞれ自分の車に乗り込み、帰路につき始めた。


車を運転しながらA雄は考えた。

「B子の表情が暗かったなぁ・・・。目線も落としていた・・・」(非言語メッセージの観察)

A雄はいろいろと考えてみた。

例えば、
「もう少しだけB子と過ごしてから帰った場合、B子の体はどうなるだろうか?」とか、
「このまま帰った場合、B子の体は休まるだろうけど、心はどうだろうか?」など。(創造的思考) 


「もう少しだけB子と過ごした場合には、B子の心は上がるだろうけど、体は更に疲労が溜まるなぁ・・・」
「このまま帰った場合、B子の心は落ちるなぁ・・・」

(創造的思考)


また、A雄は自分についても考えてみた。
「もう少しだけB子と過ごしてから帰った場合、俺の心はどうなるだろうか?」とか、
「このまま帰った場合、俺の心はどうなるだろうか?」など。(創造的思考)


「もう少しだけB子と過ごしてから帰った場合、俺は嬉しいなぁ・・・」
「このまま帰った場合、B子の体が休まるので安心だなぁ・・・」
(創造的思考)



A雄はこれらをまとめてみた。
「もう少しだけB子と過ごしてから帰った場合、俺もB子も心は上がるけど、B子の体は更に疲労するだろう」
「このまま帰った場合、俺もB子も心は下がるけど、B子の体は休まるだろう」



そしてA雄は更に考えてみた。
どうすれば、俺もB子も心が下がらずに、B子の体にも疲労が蓄積しないで済むだろうか?」

(問題解決の基本視点)


「俺もB子も心が下がらないようにする為には、もう少し一緒に過ごす事だな」
「B子の体に疲労が蓄積しない為には、長い時間は避けよう。あと1時間にしよう」

そして、A雄は結論を出し、B子へ電話した。

「あと1時間だけ一緒に過ごさないか?」
(統合的思考)



そうして二人は再度落ち合い、短い時間ではあったが一緒の時間を過ごし、二人とも心は上がりながら帰宅した。
但し、B子は次の日、寝坊した・・・


【おしまい】




いかがでしたでしょうか?

実は最近、脚本家になろうかと思っていまして、ちょいと練習をしてみました(笑)


この物語の最大のポイントは、何といっても「感情コントロール」です。

しかも、二人分の感情をコントロールするというものです。


その為の手法として、「論理的思考回路」「創造的思考回路」を使い、最終的にその2つをまとめ上げる「統合的思考回路」を使って結論付け、行動に移しています。


世の中の多くの恋人同士でしたら、ただ単に「一緒に居たい」という「感情」だけで、「もう少し一緒に居よう」と決め、行動に移しているでしょう。
ですが、この物語のケースでは、複数の「思考回路」を使った上で、結果として「もう少し一緒に居よう」と決めているところに決定的な違いがあるのです。



世の中にはこのように「結果」は同じようなものでも、そこに至るまでの「プロセス」が異なるケースが多々あります。
だからこそ、目に見える「結果」だけを重視してはいけないのです。



よく世間でいうところの、「結果だけでなくプロセスも重視しろ!」という言葉の意味はここにあるのです。

それではまたお会いしましょう。



☆新登場サービス(電話カウンセリング)

関連記事

コメント

非公開コメント

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。