FC2ブログ

HANADA method カウンセリング終了後のクライアント様の感想集

カウンセリング
02 /16 2016
こんにちは。
旭川は昨晩、猛吹雪でした・・・
積雪もかなりあります。

雪が多い地域にお住まいの方は、くれぐれもご注意下さい。



さて、今日のブログでは、いつもと趣旨を変えて、これまで僕のカウンセリングを受けて頂き、カウンセリング終了宣言(完治宣言)まで辿り着いた方々のご感想を幾つかお伝えしてみたいと思います。

果たして完治宣言を受けた方々は、一体どのような状態になっているのでしょうか?

そのイメージをお伝えします。




まず、一番多いご感想が、

『フワフワします』
(軽いという意味です)

これですね(笑)



今までずっと何がしらの「重さ」や「窮屈さ」などを感じながら生きて来られましたので、その本質的な原因を削除します故、このような感覚を覚える方が多いのです。



続いて2番目に多いご感想が、

『何だか笑えてきますね』
(自然に笑ってしまうという意味です)


このご感想も多いです(笑)

これは潜在意識の中がクリアになる為(寂しさや不安、恐怖などが無くなるという意味です)、何もしていなくても何故か不思議と笑えてしまうのです。




更に、3番目くらいに多いのが、

『これから何があっても大丈夫な気がします』
(自信と、問題に対する捉え方が180度変化している)

これですね。


これは、生まれ持った価値観を発見出来たり、止まっていた思考回路が動く事により、物事や出来事、人に対する捉え方(解釈力)が変わる事により起きる現象です。

更には、いわゆる「自分軸」も出来上がっていますので、鬼に金棒です。



まあ、特に目立って多いのがこのようなご感想ですね。

あとは、いろんな形で感謝の想いを表して下さる人や、感極まって最終回に号泣する人など・・・



基本的には、よほど重症の人でない限りは、2週間~3ヶ月程度のお付き合いなのですが、それでも僕と共有した密度の濃い時間に想いを馳せられるのでしょう。

僕も人間ですので、お別れは辛いのですが、クライアント様に依存させない為にも最終回をもって基本的にはお会いする事はありません


僕の役割はクライアント様を本来の姿に戻すところまでですので・・・


カウンセリングは一つの人生ドラマです。
僕はそのように捉えています。

クライアント様が生まれて初めて他人に話すような内容を僕が知り受け、そこから対話が始まる・・・

本当に辛い境遇や経験をされてきたクライアント様に対し、1日でも早く本当の姿に戻って頂く為に時間を無駄にはしたくない。
だから僕は他のカウンセラーみたく、辛い心情は聴かない。
その代わり、早く治す。早く本来の姿に戻す。ここに徹する。


その意味が、完治した後、クライアント様が深く理解されるのです。

「何故、私(僕)の辛い気持ちを聴いてこなかったのか?」というその意味を。



ご縁があれば、カウンセリング現場でお会いしましょう。


☆1時間コース新登場
関連記事

コメント

非公開コメント

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。