FC2ブログ

「何の為に生きているのか?」という問いに対する答え。

おはようございます。
今朝は快晴の旭川です。
最近はとても寒い日が続いています・・・

さて、ここのところ連日、朝から晩までカウンセリングが入っていましたのでブログ更新は1週間ぶりとなりました。

僕はカウンセリングの中でクライアント様に対し、「あなたは何の為に生きているのですか?」という質問を必ずします。

そして、全カウンセリングを終了する最後の日にも、「あなたは何の為に生きているのですか?」という質問をしてお別れします。

最初の質問の際に、自分が生きている明確な理由や意味を答えられる人は居ません。不思議な事に、それでも人は何とか生きていけるのですよね・・・

ですが、いわゆる「生存」は出来ていても、「自分らしく」は生きていない。
これが現実です。

そういう人たちが僕の元に訪れる。

そして、基礎的なモチベーションを高め、本当の自分の価値観を発見していく中で、徐々に自分らしさに気づいていくのです。

カウンセリング最終回の時には、きちんと質問に答えられるようになっている。

「私は○○の為に生きています」

クライアント様は本来の自分というものに気づき、それを手にする。
すると、必ず生きる意味や目的について知る事になるのです。

何かの原因により止まっていた思考が再び動き出したり、不足していた思考回路が導入される事で物事や出来事の本質が見え始めてくるからです。

僕のカウンセリング目的はクライアント様の辛い気持ちを聴く事ではありません。
傾聴手法で自分を取り戻す事は不可能ですので。

僕のカウンセリング目的は「思考」を動かす事と、「思考回路」を作る事です。
それが本当の自分自身を取り戻す(思い出す)事になるのです。

守秘義務があるので詳しい内容はお伝え出来ませんが、昨日もお一人のクライアント様が無事にカウンセリングを終了されました。
この方は、発症から15年の月日が経っていましたが、僕のカウンセリングを始めてから1ヶ月半(カウンセリング回数は14回)でほぼ完治です。

全ての不調を治せるとは言えませんが、「思考」により多くの不調は完治に導けます。

「何の為に生きているのか?」に対する答えは「本当の自分」が既に持っているのです。

関連記事

テーマ:ヒューマンスキル - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

著者プロフィール

花田 俊亮

Author:花田 俊亮
大学時代より、心理学や自己啓発に傾倒し、以来、カウンセリングの研究を重ね、「量子力学」、「脳科学」などと自らの延べ4万時間以上に渡る「現場体験」を複合的に組み合わせた独自のカウンセリング技法とコーチング技法『HANADA method』 を確立する。

これまでの現場体験は数多く、人生相談やビジネス相談、健康相談など、改善内容は多岐に渡る。

また、クライアントにおいても、経営者、医師、看護師、保育士、介護士、教師、カウンセラー、公務員などの有職者や、専業主婦、学生、高齢者など幅広く接してきた。

現在は、カウンセリングやコーチングといった個人セッションを行いながら、企業向けサービスやセミナーも行っている。

更には量子医療の研究開発に力点を置き、心身の様々な病気に対する代替医療の確立を進めている。

最新記事
コンテンツ分類
検索フォーム
ブログ村ランキング
いつもありがとうございます
お薦めサイト
にほんブログ村
クリックをお願いします♪
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR