FC2ブログ

2016 年頭所感

コーチング
01 /04 2016
皆さん、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

さて、2016年がスタートしましたが、皆さんは今年一年をどのような年にしたいですか?

目に見えるポイントは「どのような」という部分です。

そして、目に見えないポイントは「どれくらい強くそう思っているのか?」という要素です。


よく、こんな話を耳にします。
正月明けに誓った目標など、月日が経つにつれ忘れてしまった・・・と。

皆さんはいかがですか?

「初心忘るべからず」という諺がありますが、まさに新年の初心を日々の生活の中で忘れてしまう人も多いかと思います。


人の潜在意識というものはまだまだ解明されていない点が多々あるのですが、有効な言葉の一つに「どのように」というものが挙げられます。

何か問題や困難な事に出くわした際、「どのように解決すれば良いだろうか?」という言葉を使って考えますと、思考回路が回りやすいと言われています。

これとは反対に、「もうダメだ・・・」といったような言葉を使いますと、文字通り、もうダメになります(笑)
何故なら、思考が止まるからです。

思考が止まってしまった場合には、抱いている感情を基準として物事を判断するようになります。
または、既に持っている価値観で判断するようになります。

もしも抱いている感情がネガティヴなものであれば、物事の判断結果もネガティヴなものになり、ネガティヴな行動を選択します。

もしも自分のモノではない価値観を持っていたとしたら、物事の判断結果も自分のモノではないものになり、自分のモノではない行動を選択します。

その結果、どんどん「自信」を失っていくのが基本的なメカニズムです。

それを防ぐためにも、まずは思考力を鍛える事が一番大切なのです。

数ある思考力の種類の中でも、僕は心理カウンセラーの観点から、「論理的思考力」と「水平思考力」の2つだけは押さえて頂きたいと日頃からお伝えしています。

この2つの思考力を鍛えるだけでも、感情の質や行動の質に大きな差が生まれるのです。

つまり、人生の質を高める事に繋がるのです。

僕のカウンセリング臨床経験に基づいて説明しますと、以下の様な傾向が見受けられます。

①うつ状態の人・・・思考鈍化状態

②うつ病の人(軽度~中度)・・・思考停止状態

③うつ病の人(重度)・・・思考停止状態+望ましくない思考回路形成状態


すごくざっくりですが、上記のような傾向にありますので、いずれにしましても思考を動かす、望ましくない思考回路を取り除くという作業からカウンセリングを始めます。


ここ数年の世の中の傾向を見ていますと、相変わらず多い自殺者数や、DV被害、SNS依存症、ゲーム依存症、ニートの増加。

これら全ての人が100%うつ病であるとは言えませんが、少なくとも半数以上はうつ状態以上のレベルにあると考えます。

今年も少しでも多くの方々に笑って楽しく生きていける為の少しばかりのお手伝いをさせて頂きたく思います。


関連記事

コメント

非公開コメント

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。