FC2ブログ

不安や寂しさを埋め合わせる為に脳が考えること。

カウンセリング
12 /17 2015
おはようございます。
今朝の旭川は雪が降っています。
ノロウイルスが流行していますので、皆さん、お気を付け下さい。


人は主に幼少期(およそ3歳~10歳前後の時期と考えて下さい)に、何らかの不安や寂しさ、恐怖といった感情を繰り返し味わいますと、潜在意識の中に「不安」または「恐怖」という形で刷り込まれます。

この刷り込まれた「不安」や「恐怖」を挽回するチャンスは、思春期(およそ14歳~17歳前後と考えて下さい)に訪れますが、ここでも挽回できませんと、よほどの出来事や、よほどの人と出逢わない限り、一生続く可能性が強くなります。

すると、何が現象として起こるのか?

人は防衛本能を持っていますので、脳は必死になって「不安」や「寂しさ」、「恐怖」といったものを埋め合わせようとします。

この現象は人によって様々です。
例を挙げますと・・・

・依存症
・見栄っ張り
・嘘つき
・社会的地位や権力などを異常に欲しがる
・人の顔色をうかがいながら生きる
・異常に褒められたい、認められたい
・いつもイライラしている(異常に短気)
・他人との勝負にこだわる
・何も考えずに動いてばかりいる
・お金や年収などに執着する


これらがその一例です。

何かで埋めようとしている状態にあります。

そして、本人はあまり気付いていないのですが、これらでは埋まりません。
潜在意識は気付いていますので、更に埋め合わせようとします。

この繰り返しです。

だからそのうち潜在意識は疲れるのです。
または諦めるのです。

それが「意欲減退」であったり、「慢性的なネガティヴ状態」、「動けない」などという結果をもたらすのです。

ですから、大事な事は「問題の本質」にアクセスし、そこを解決するという事です。

「不安」や「寂しさ」、「恐怖」などを秘めた潜在意識を解決しなければ、何も変わらないという事です。

関連記事

コメント

非公開コメント

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。