FC2ブログ

無意識に誰かを恨んでいるのかもしれない?

あと少しでカウンセリングへ出掛けますので、その前にもう一つブログ更新しておきます。

僕がカウンセリング現場でよく感じる事です。

個人情報を保護しながらの範囲内で少しご紹介してみますね。


【事例1】

≪年代≫ 40代 
≪症状≫ ずっと母親が怖くてたまらない
≪状況≫ 心療内科への通院歴7年


【事例2】

≪年代≫ 20代
≪症状≫ 他人と接する事が全くできない
≪状況≫ 7年間、引きこもり(精神科へ通院)


【事例3】

≪年代≫ 30代
≪症状≫ 親友ですらも信じられない
≪状況≫ 心療内科への通院歴4年  


【事例4】

≪年代≫ 20代
≪症状≫ 誰かと交際しても1年もたない
≪状況≫ 体調不良の為、休職


挙げればキリが無いので、この辺で。

ここに挙げてみた事例は、≪症状≫や≪状況≫は異なりますが、どのクライアント様も同じ原因だったものです。

このクライアント様たちは、「無意識に誰かを恨んでいた」事が原因の本質でした。
中には複数の人を恨んでいた人も居ます。

無意識とは本当に怖いもので、本人は恨んでいる事には気付いていないのです。
【事例1】に挙げたクライアント様も、自覚症状としましては「母親が怖い」のですが、何故怖いのかが分からない。

何らかの不調になる脳の基本的なメカニズムとしましては、

①「物事・出来事」 → ②「不安」 → ③「恐怖」 → ④「思考停止」 → ⑤「不調」

これがオーソドックスな流れなのですが、①「物事・出来事」の段階で強烈なネガティヴ感情を繰り返し感じてしまった場合、次の②「不安」へ移行します。(回数や年数は個人差があります)

この②「不安」の段階で解消されますと、そこで止まります。
ですが、解消されませんと、やがて③「恐怖」へ移行していきます。

この③「恐怖」という感情は、ネガティヴ感情の中でも特に強く自分自身を下に引っ張るものである事が脳科学でも判明しています。
その影響が続きますと、動物的本能(防衛本能)にスイッチが入り、④「思考停止」します。
もう何も考えないようにするのです。

これにより、何らかの精神的不調をきたすのです。


これら一連の流れの中でのポイントは、①「物事・出来事」から感じたネガティヴ感情です。

ここで生じた(抱いた)ネガティヴ感情に対して、その感情の原因を「誰か」のせいにするのです。

つまり、先ほどのメカニズムに照らし合わせますと、

①「誰かに何か言われた、された」 → ②「その人は私の味方なのか?(不安)」 → ③「その人は私の敵だ(恐怖)」&「誰も私を守ってくれる人は居ない(恐怖)」 → ④「もうこれ以上考えてはいけない」 → ⑤「不調」 

単純にしますと、こんなイメージです。

この一連の流れの中で、「味方」だと信じていた「誰か」が実は「敵」だったと恨む(あるいは憎む)のです。

ここで思考は停止しています。
よほどの事でもない限り、このままの状態(あるいは更に悪化)です。

ですから、誰かを恨んでいる(憎んでいる)事が原因の本質だと解析した場合には、クライアント様に対して誰かを「許す方法」を伝授し、実践して頂くのです。

ご参考までに、事例の方々の完治までに要した期間を書いておきます。

【事例1のクライアント様】 3ヶ月間
【事例2のクライアント様】 6ヶ月間
【事例3のクライアント様】 2ヶ月間
【事例4のクライアント様】 3ヶ月間

※上記全ての方々が1週間に1度のペースでカウンセリングを受けられました。
 (改善傾向になった後は2週間に1度)
※あくまでも参考事例ですので、完治までの期間を保証するものではありません。 


 
関連記事

テーマ:ヒューマンスキル - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

著者プロフィール

花田 俊亮

Author:花田 俊亮
大学時代より、心理学や自己啓発に傾倒し、以来、カウンセリングの研究を重ね、「量子力学」、「脳科学」などと自らの延べ4万時間以上に渡る「現場体験」を複合的に組み合わせた独自のカウンセリング技法とコーチング技法『HANADA method』 を確立する。

これまでの現場体験は数多く、人生相談やビジネス相談、健康相談など、改善内容は多岐に渡る。

また、クライアントにおいても、経営者、医師、看護師、保育士、介護士、教師、カウンセラー、公務員などの有職者や、専業主婦、学生、高齢者など幅広く接してきた。

現在は、カウンセリングやコーチングといった個人セッションを行いながら、企業向けサービスやセミナーも行っている。

更には量子医療の研究開発に力点を置き、心身の様々な病気に対する代替医療の確立を進めている。

最新記事
コンテンツ分類
検索フォーム
ブログ村ランキング
いつもありがとうございます
お薦めサイト
にほんブログ村
クリックをお願いします♪
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR