FC2ブログ

どうして「思い通りの人生」にならないのか?

カウンセリング
12 /04 2015
連続カウンセリングにより頭が疲れていますので、もう少しだけブログを書いてから今日の各クライアント様方の今後の回復プラン策定(最短回復ルート戦略)に入りたいと思います。


どうして「思い通りの人生」にならないのか?


例えば、僕の頭の中に2つの「思い」があったとしましょう。

1つ目は、「高い給料を稼いで大きな家に住みたい!」という思い。

2つ目が、「小さな家でもいいから家族と仲良く暮らしたい」という思い。

仮に、1つ目の思いを「意識」とします。
2つ目の思いを「無意識」とします。

さて、どっちが叶うでしょうか?

そうです。
正解は、2つ目の方の「思い」です。
つまり、「無意識」の思いの方が叶うものなんです。

これは何も少し怪しげな自己啓発本に書かれている内容を言いたいのではありません。

僕のこの例の場合、普段から意識している「思い」とは、「高い給料を稼いで大きな家に住みたい!」です。
ですが、無意識の「思い」である「小さな家でもいいから家族仲良く暮らしたい」の方が10倍以上の威力を発揮する脳のメカニズムによって、「大きな家に住む」事は実現しないのです。

これが、「思い通りの人生」にならないメカニズムです。

でも、ある意味では「思い通り」なのです。
そう、「無意識の思い」の通りになっているからです。


あなたが「野球選手になりたかったけど、なれなかった」のは、天性の才能の要素もあるでしょうが、それ以前に「本当はなりたくなかった」のです。

あるいは、「なれる訳がないと思っていた」のです。

だから、意識していた「思い通り」にはならなかった。
無意識の方の思いが実現したのです。

あなたが「思い通り」の人生になっていないとしましたら、それは無意識のうちに「別な思い」があるのかもしれません。

僕の以前のクライアント様で、この方は非常に重度のうつ病を発症していたのですが、いつもと同じ手法でカウンセリングを始めましても一向にその人の潜在意識(無意識)に入り込めなかったのです。

「おかしいな?」と思い、別な角度から無意識の中に入り込みましたところ、なんとその人は、こう叫んだのです。

「来るな!私は治りたくないんだ!このままがいいんだ!」と。

この人は「早く治りたいんです・・・」と僕の所へ来たのですが、無意識では「治りたくなかった」のです。
だから僕が無意識の中に入り込むのを拒絶していたのです。

この人の意識的な「思い通り」では、「早く治りたい」だったのですが、無意識的な「思い通り」では、「治りたくない」だったという事です。

この人はとても大人しくて口数も少ない人でしたので、突然大きな声で僕を睨みつけながら叫ばれた時には、僕も驚きました。
何故なら、(霊が憑りついてるのか?)と思ってしまったからです。(失礼な話ですが・・・)

まあ、幾つか例を挙げて説明しましたが、このように「無意識の思い」の方が強ければ、「思い通り」にならない事もあるというお話でした。

関連記事

コメント

非公開コメント

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。