FC2ブログ

強烈な孤独感が襲ってきた時、どうすれば良いのか?

カウンセリング
11 /30 2015
こんばんは。
カウンセリングを無事に終えてきました。
今晩も有意義な時間でした。

さて、今回のテーマは「孤独感」についてです。

皆さんは、夜一人で居る時などに突然、強烈な孤独感に襲われた経験はありませんか?
僕はあります。大学時代の時など。

そんな時、頭の中では「僕の味方なんて一人も居ないのかもしれない・・・」などとグルグルしています。

これは物凄い恐怖でもあります。

では、もしもそうなった時、一体どうすれば良いのでしょうか?

その為には、まず、「孤独感」の発生メカニズムを知っておく必要があります。

この「孤独感」という字を良く観てみて下さい。
「感」と書かれています。

つまり、これは一種の「感覚」に近いものなのです。
「感じ」も同じ事です。
「感じ」とは「気持ち」ではなく、「感覚」なのです。

このように、「孤独感」とは、「孤独だという感覚」を抱いている状態にあるという事です。

では、どうしてこのような感覚を抱いてしまうのでしょうか?

答えを先に言いますと、「思考が停止している」からです。

どうして停止してしまったのかも先に言いますと、「物事を突き詰めて考えすぎてしまった」からです。

突き詰めすぎたので、地面にぶつかって止まったのです。
これが思考停止の一つの要因です。

いや、そんな事はないよ。だって全然深く考えていなかったもん。

こう言う人も居るでしょう。
それも当然です。
何故なら、「無意識に考えすぎてしまっている」からです。

ですから、考えすぎてしまったという自覚症状が無いケースも多々あります。
恐るべし!無意識!

無意識(潜在意識)とは本当に恐ろしいものです。
取り扱い方を間違えてしまいますと、ひどい目に遭います・・・

とはいえ、そうそう簡単に扱えるものでもないのですが・・・

どうして無意識に考えすぎてしまったのか?
それは、今の自分に与えられている環境や何らかの条件などに左右されすぎてしまっているからです。

つまり、「外から与えられたモノ」の影響を強く受けたという意味です。

こうなりますと、無意識に下へ下へと掘り下げて考える思考が働き出し、そのうちに地面にぶつかり止まるのです。
これが思考停止状態。

もう何も考えられなくなります。
すると、だんだん不安や恐怖がやってきます。

そのうち自分だけが一人ぼっちのような「感覚」に陥り始めるのです。

ですから、この「感覚」は実際には「幻」みたいなものです。
本当は孤独ではなく、孤独感を抱いてしまっているだけなのです。

従って、もし、突然の激しい孤独感が襲ってきた場合には、冷静になって「俺(私)は少し考えすぎてしまったようだな」と声に出してみるといいです。声量は問いません。
ただし、あまりにも不気味に言うのだけはやめておいた方が良いかと・・・

「俺(私)は少し考えすぎてしまったようだな、フッ(不気味な笑い)」

この様子を家族の人に見られたとしたら、かえって心配される事になるかもしれませんので・・・

関連記事

コメント

非公開コメント

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。