FC2ブログ

どんなに情けなくても生きる。

カウンセリング
11 /20 2015
こんばんは。
旭川は早くも冷え込んできました。
今夜は雪が降るそうです。

さて、今晩もカウンセリングのご予約が入っているのですが、その前に一つ書かせて頂こうと思いました。

私は今も自分の姿が情けないと思っています。
これが本心です。

人から見ますと、どうやら自信ありげに見えるそうです。
勿論、自信はあります。
自信とは、「自分を信じ切れる事」だからです。

情けないながらも、それでも私は自分を信じ切れていると思っています。

では、どうして私はそれでも情けないのでしょうか?(笑)

 書ききれません!(笑) 

家庭を顧みず、仕事に明け暮れ、毎晩真夜中の帰宅が何年にも及んでいる・・・
休みもあまり取らない・・・

未だに親に迷惑や心配ばかりかけている・・・

かつて親友を見捨てた・・・

お風呂に入るのが子供以上に面倒くさい・・・

どんなに遅い帰宅でも必ずお酒を飲む・・・

胃腸が相当弱い・・・
カウンセリング前には必ずお腹を壊す・・・
(カウンセリングが始まったら治る)

ヘビースモーカーである・・・

会社の経営者というよりは研究者に近い・・・
それ故、経営難・・・
(下町ロケットのドラマには救われます)

人の名前をすぐに忘れる・・・

実力もないのに大勢の前でのセミナー講師が大好き・・・

いつか有名になると勝手に思い込んでいる・・・
(それはいつなのか?)

強がるのが得意・・・

大学に5年通っていた・・・
(留年)

大学時代は毎日パチンコに行っていた・・・

歌舞伎町でギターの流しをしていた・・・
(サラリーマンや社会の批判ばかりを歌詞にしていた)

本当は孤独に弱い・・・
でも、やはり強がる・・・

数年前にハイオク車を買ったが、お金が無い時はレギュラーガソリンを入れている
(そのうち壊れるでしょう)

私の職業を妻は知らない(笑)
(仕事の話を一切家庭でしない・・・)

かつて、会社を辞めて数ヶ月後に妻に話した・・・
(しかも自分で会社を始めていた)

元気よく「行ってきます!」と言って家を出たが仕事が無い日が続いた事もある・・・
でも隠した・・・

「今月も稼いだぜ!」と言いながら妻に給料を渡したが、実はサラ金からの借金だった事もある・・・

「今月も忙しいぜ!」と妻には言って、実は行きつけの居酒屋で仕事が無い事をボヤいていた事もある・・・
そして夜中に帰宅・・・


調子に乗って書いてしまいましたが、もっとあります(笑)

それでも僕は生きていますし、これからも生きていこうと思います。

どんなに情けなくても僕は生きていこうと思っています。何故なら、そんな情けない自分の姿が一番面白いからです。一番間近で見られるからです。

では、カウンセリングに行ってきます!

HANADA method
関連記事

コメント

非公開コメント

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。