FC2ブログ

もっと強くなりたいと思っている人へ。

カウンセリング
11 /18 2015
こんにちは。
今日の旭川は寒いです。(今日もか・・・)
明朝の気温は氷点下9度の予報が出ています・・・(寒い!)

さて、本日のお題は「強さ」についてです。

どんな人でも恐らく精神力を身に付けたいと思っているのではないでしょうか?
私もかつてはメンタルトレーニングというものを3年ほどやってみた経験があります。
人は心の何処かで「強さ」を求めているような気がします。

では、 精神力って一体何なのでしょうか? 
強さって?

例を挙げて説明しますね。

ある2人の社長さんが居たとしましょう。AさんとBさんです。

この2人の社長さんは、それぞれ自分の会社でやってみたい事業がありました。
ですが、その事業の為には多額の資金や大勢の協力者が必要でした。

そこで、AさんとBさんは資金集めや協力者集めの為の行動を起こしました。
やがてその行動は半年間に及びましたが、必要な資金や協力者を得る事は出来ませんでした。

Aさんはやがて体調不良になりました。朝の寝起きから体がだるく、徐々にやる気が無くなっていったのです。
ところがBさんは体調もまずまずであり、少なくともやる気は維持していました。

この2人の違いは何だったのでしょうか?


この例を見ていかがですか?
どう感じましたか?

世間一般的にはBさんの方が「精神力が強い」と言われますし思われますよね?

でも、それは目に見える部分での評価であって、実際にAさんとBさんの中身までは見えていない事が多いのです。
だから世間評価というものはあまりアテにはなりません。
中身をきちんと評価していれば良いのですが・・・

実はこの「中身」がポイントなのです。

Aさんは資金集めや協力者集めに対し、意識が「集める事」に集中していました。
ですから、「集まらなかった」という現実と対峙し、やる気が無くなり、体調不良に陥ったのです。

ところがBさんは資金集めや協力者集めに対し、意識が「どのように集めるか?」に集中していたのです。
Aさんは「集める事」でしたが、Bさんは「どのように」という部分が根本的に違ったのです。

つまり、Aさんは「結果」に集中しており、Bさんは「手段・方法」に集中していたという違いです。

ですから、思うような結果が出なかった事に対してAさんは精神的ダメージを受けたのです。
Bさんはというと、思うような結果は「まだ」出ていませんが、その結果を出す為に常に「どのようにすれば良いか?」という事に集中されていますので、やる気を失う事も精神的ダメージを受ける事も無かった訳です。

これが「精神力」の正体の一つです。

「結果」に意識が集中している状態・・・ストレスが強い(精神力が残っていない)
「手段・方法」に意識が集中している状態・・・ストレスが弱い(精神力が残っている)

精神力=創造力(創り上げる思考力)

誰もが望ましい結果(人生)を追い求めています。
もちろん、途中で諦めてしまっている人も居るでしょう。

ですが、その望ましい結果を得る事だけに意識(思考)が集中している状態では、考え方が硬直してしまいます。
これがいわゆる「思考停止状態」です。

望ましい結果は当然ながら早く手に入れたいのですが、その焦る気持ちを抑えて、「どのようにすれば良いか?」という事に意識(思考)を集中する時、人は柔軟性を帯びていくのです。
これが「思考活性化状態」であり、「創造的思考力」を発揮している状態なのです。

今日のポイントは、「どのように」でした。
関連記事

コメント

非公開コメント

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。