FC2ブログ

心の居場所。

コーチング
11 /15 2015
おはようございます。
今朝の旭川は雨です。
気温はそれほど低くはないのですが、何となく肌寒いです。

さて、本日のお題は、『心の居場所』です。

多くの人が『身』の居場所を持っています。
それが、職場であったり、家庭であったり、友人たちとのグループであったり…

ですが、それらの居場所が必ずしも『心』の居場所であるとは限らないものです。

そしてそのような場合、または状態にある時、人は一種の孤立状態にあるのです。

何処か寂しさを感じる。
何処か虚しさを感じる。
何処か違和感を感じる。


こんな時間が長くなりますと、段々と調子が悪くなっていきます。
だからこそ、自分の『心の居場所』を見つけなければならないのです。

では、それは何処にあるのでしょうか?

人は物事を探し出したい時、決まって外側の世界にその答えを探そうとするものです。
でも、なかなか見つからない。
何故なら、外側の世界には答えが無いからです。

答えは既に自分の内側に在る
のです。

心の居場所とは、外側の世界に在るのではなく、内側の世界に在るのです。

自分がどうしたいのか?
自分がどうなりたいのか?
自分の充足感は何から得られるのか?


これらと向き合ってみる事です。

そうすれば、必ず見つかります。

心の居場所とは、『自分軸』の事であり、誰にも何にも押し流される事のない自分本来の姿なのです。

それを信念と呼んでいます。


関連記事

コメント

非公開コメント

花田 俊亮

1973年生まれ。北海道旭川市出身。

脳科学、量子力学、熱力学、心理学、自己啓発、経営戦略等をベースに、数多くの現場体験を加味した上で独自技法「HANADA method」を開発。

20歳の頃から心理学や自己啓発に目覚め独学開始。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて営業職を経て、25歳より会社を創業。これまで株式会社、社会福祉法人、NPO法人など計8法人の立ち上げ、運営に携わる。その間、カウンセラーとしても活動開始し、カウンセリング歴は延べ18年となる。

カウンセリングとコーチング、従業員教育管理の現場体験は約20,000回以上に及び、今なお、それらの体験と科学的理論を基にメソッドの改良を続けている。

現在は精神疾患の人のみならず、人間関係で悩む人、生きる目標を見つけられない人、身体的不調を訴えている人、営業成績が上がらない人、経営問題に直面している人など幅広い問題や悩み事に対してHANADA methodを提供している。

難しい学問を紐解き、誰にでも分かりやすく提供するサービスは一定の評価を受けている。