目に見えないモノが在る。

個人コーチング
06 /20 2018
おはようございます。
今朝も旭川にて書いています。

それにしましても、昨日のサッカーは凄かったですね!
日本代表の素晴らしい活躍には勇気を頂きました。
次戦もお願いします!




さて、最近の僕は「目に見えないモノ」と接触する機会が増えておりまして、とても不思議な感覚を覚えています。

先日も経営アドバイザー先の企業さんを訪問した際、何か頭が重くなり、肩も凝っているような感じを受けまして・・・
念の為、霊能力がある友人に尋ねてみましたところ、誰かの邪気邪念が憑いているとの事・・・


驚きました・・・

早速言われた通り、粗塩でお清め作法。

軽くなりましたぁ(笑)




また別のクライアント様宅では、ある高僧の方とご縁があって、神仏の力をお借りする事が出来たとの事。
神仏が君臨しているという写真を見せて頂いているうちに、何だか身体が熱くなってきまして・・・
これまた不思議な体験をしました。


他にもまだあるのですが、この辺でやめておきます(笑)



僕がこの話題を挙げましたのは、世の中には目に見えないモノ(あるいは要素)が存在しているという事を考えてみたかった からです。

別に幽霊や神仏などといったモノだけではなく、人が抱く気持ち(本心や本音)、遠くから見守る愛情や思いやり、直接向けられない感謝の想い・・・
目に見えないモノはたくさんあると思います。



ですが、時に人は目に見えるモノを頼りにしたり重きを置いたりします。

学歴、年収、持ち物、家、旅行先、社会的地位、名誉など・・・


それらに重きを置くのは人それぞれですので自由ですが、目に見えるモノだけを観ていては考える力というものが養われていかないように思います。

考える力が養われないという事は、すぐに感情的になりやすくなったり、適切な判断が出来なくなったり、行動がとれなくなったり。
快活に生きていく上では少し疑問です。



ですから、少し柔軟に物事を捉える為にも、「目に見えないモノを観る」という意識も大切なのではないかと感じるのです。


今日もありがとうございました。



☆公式ホームページ

経営者の要諦

ビジネスアドバイザー
05 /30 2018
皆さん、こんばんは。
今日の旭川は暑かったです・・・



ここ最近は経営に関するアドバイザー業務にも携わっています。
かつて関東地方で経営コンサルタントをしていた時から早10年。
なんとなく懐かしい感覚の毎日です。


経営陣の方々と話をしたり、社長と戦略立案をしたり、久々に楽しいです♪


世の中には多種多様な経営手法があったり、いろんなタイプの経営者も居たり、とても一概には言えないのですが、
一つ言える事は、経営者に

断言力

があるかどうか。
ここは大きいと思います。



これは、ただ単にハッキリ物事を話すとか、声が大きいとか、自信ありげに話すとかいう次元のものではありません。


①入手した情報の分析力があるかどうか

②分析したものを解析できるかどうか

③自らの考えを分かりやすく発信する力があるかどうか

④全ての責任が自分にあると考えられるかどうか

⑤人間としての魅力があるかどうか



これらが組み合わさってはじめて断言力という力になると思うのです。

これまで多くの経営者を観てきましたが、⑤の人間としての魅力がある経営者は滅茶苦茶な人が多いです(笑)

常識を常識とは思わず、マイルールのもとに決断や行動をする。
時にクソガキ以上にクソガキで、周りは呆れる事もある。


だが、腹は据わっている。

何故なら、柔軟な思考力を持っているから。とにかく頭が柔らかい。


あまり長くなっても読む事に飽きますので、また次回にでも(笑)

今日もありがとうございました。
またお会いしましょう。



☆公式サイト

☆クリックをお願い致します♪にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

遠方にお住いの皆様へ

個人カウンセリング
05 /21 2018
皆さん、こんにちは!
今日の旭川は少し暑い快晴です。
ようやく過ごしやすくなりました。


さて、これまでも旭川市外からカウンセリングやコーチングにお越しになられてきたお客様が多数いらっしゃいました。
北海道も広いですので、稚内方面や北見方面、釧路方面、札幌方面、小樽方面など・・・
道外では関東方面。



そして、たまにお問合せがありますのが、交通費や滞在費などを全額負担しますので来て下さいというもの。
本心では行きたいのは山々なのですが、どうしてもスケジュール上、不可能なのです・・・

丸一日空いている日が無い状況ですので、数日間などの出張は今は出来ないのです・・・


そこで考えたのですが、旭川への滞在期間を少しでも短くする事で、経済的・時間的な負担を少しでも減らして頂こうというものです。
内容としましては、

2泊3日の滞在スケジュールで、初回面談(90分)と5回のカウンセリング(合計10時間分)を受けて頂くもの

です。


スケジュール例としましては、

1日目14時~15時30分・・・初回面談(90分)
    15時30分~17時・・・カウンセリング①(2時間)

2日目9時30分~14時・・・カウンセリング②③(4時間) 
※30分間の休憩あり

3日目9時30分~14時・・・カウンセリング④⑤(4時間) 
※30分間の休憩あり


上記は一例ですが、このようなスケジュールですと、初日の午前中の飛行機で北海道入りして頂き、3日目の夕方の便の飛行機に乗ってお帰り頂く事が可能かな?と。

☆掲載ページはこちら


本当は僕の方から全国各地へ伺えれば良いのですが、今はご容赦下さい。


それではまた。
お元気にお過ごし下さいませ。

ありがとうございました。



☆クリックをお願い致します♪にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

うつ病の根本的な原因について。

個人カウンセリング
05 /12 2018
皆さん、おはようございます。
今朝は快晴の旭川からお届けしています。
ようやく暖かくなるようです。


さて、今日は「うつ病」について少し書いてみたいと思います。


なんか調子が悪くなって心療内科とか精神科に行ってみますと何かしらの診断が下ります。
〇〇症みたいな感じです。
そして、症状に合わせて薬が処方されるはずです。

これらの流れや内容は数多くのクライアントさんから聞いてきた事です。

薬で治れば良いですよね?

ですが、治らない人も多いようです。
10年以上通院治療を続けているクライアントさんとも多く会ってきました。



では、何故、治らないのでしょうか?


僕が考えますところ、不調の根本的な原因究明をしていないからです。
原因が明確に分かっていなければ、治療効果は上がらないはずです。

ですからまず先に原因の本質を掴まなければならないと考えます。


不調の原因は、仕事のストレスや家庭問題や対人関係問題などが起きた事によるものではありません。
それらは全て「不調のきっかけ」に過ぎないのです。

不調の本質的な原因はそこには無い。 



では、不調の本質的な原因とは一体どこにあるのでしょうか?


それは、潜在意識の中に刻み込まれている過去のネガティブな記憶情報にあります。


ここを修正しなければ、不調は続くでしょう。
従って、脳科学や量子力学の理論を基に、HANADA methodでは潜在意識の修正に力点を置いているのです。


それでは、また。
ありがとうございました。


☆公式サイト

☆クリックをお願い致します♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

新しい専用ワークシートが完成しました!

個人カウンセリング
05 /11 2018
皆さん、こんにちは。
久しぶりのブログ更新となりました。
ここのところずっと、カウンセリング用の新しいワークシート開発に励んでいましたもので・・・


今回、全く新しいワークシートとしましては数年ぶりとなります。
これまでの実務体験を基に、いつものように脳科学や量子力学の理論を織り交ぜてあります。


ただし、今までとは根本から違う部分が!  



≪今までのワークシートと違う要素≫


①今までは思考を動かしてから答えていくスタイルでしたが、新ワークシートは答えてから思考を動かすという全くの逆の順番となっています


②今までは潜在意識の中に潜むネガティブな記憶情報を細かく丁寧に取り除いていくように作ってありましたが、新ワークシートでは超意識の特質を活かし、潜在意識の方は大きなものだけ取り除くというスタンスになっています


一般の方々には何を言っているのかお分かりにならないかと思いますが、一部の専門家やプロの方ならきっとお分かり頂けるはずです。


これらは全て、相談者の方の経済的・時間的な負担を軽くする為の目的で開発したものです。
その為には、どうしても数多くの臨床データが必要不可欠でした。


今までのワークシートは勿論今後も使用しますが、今回の新ワークシートの登場により、必要とするワークシートは少なくなる人も多い事でしょう。


つまり、カウンセリングの回数が少なくなるという意味です。


これまでの統計では、週2回のペースでカウンセリングを受けて頂いた場合、おおよそ3ヶ月程度で終了する事が多いのですが、新ワークシートの登場に伴い、週2回ペースですと約2ヶ月程度で終了する人が増えるかと予想しています。

勿論、相談者の方の症状や状況、状態等によって個人差はありますので、あくまでもご参考程度に・・・

ちなみに、僕は毎月きちんと受け続けて下さった場合におきましては1年以上かかった相談者の人は居ません

そもそも、カウンセリングだけで1年以上かかるという方が僕にしましては疑問です。
きちんとしたセオリーと、ある一定の臨床体験数があれば、重度の方でない限り半年以内で終わるでしょう。(重度の方でも1年以内です)


どのカウンセラーを選んだら良いか分からないという方は是非どうぞ。
時間とお金の無駄にならないようにさせて頂きます。


それでは、また。
ありがとうございました。



☆公式サイト

☆クリックをお願い致します♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

『幸せ』とは何か?

個人コーチング
04 /16 2018
こんばんは。
明日から暖かくなるらしい旭川にて書いています。



さて、今日は「幸せ」について少し書いてみたいと思います。

皆さんは、今の自分は幸せか?と自分自身に尋ねた事はありますか?

「はい」か「いいえ」で答えるならば、どっちでしょうか?


仮に、「はい」と答えたとしても「いいえ」と答えたとしても、その判断した基準は何でしたか?
何となくですか?


僕たちは皆、何かしらの判断基準を数多く持っていて、それらを基準にYESかNOや、幸福か不幸か、上か下か、優れているか劣っているか、良いか悪いか・・・などの様々な判断を下しながら日々生きています。

そして、大抵の場合、それらの判断基準を意識している事はありません。ほとんどが無意識に行われているものです。

つまり、僕たちは、無意識に物事や出来事、人などに対して判断を下しているのです。


先ほど冒頭の「今の自分は幸せか?」という自分自身に対する問いも、YESかNOと判断する基準を無意識の中に持っていて、それに沿って幸せや不幸せを感じ取っているようです。

例えば、あなたの無意識の中に、「家族が居る事=幸せ」という判断基準があるとしましょう。すると、あなたは「家族が居るから幸せです」と反応するか、あるいは、「独身なので幸せではありません」と反応する訳です。

「お金がある事=幸せ」という判断基準を持っている人も同様です。あなたがお金に不自由しない暮らしをしているとしましたら、「お金があるから幸せです」と反応し、お金に不自由しているなら「お金が無いから不幸せです」と反応するのです。

ちなみに、お金や物などの物質的なモノに対する幸福感は幻に近いものだと言っていいでしょう。
人間の脳は物質的な豊かさに対しては、実はあまり快を感じないようです。

人間の脳が持続的に快を感じるモノは、愛情や感謝などといった目に見えないモノに対してなのです


という事は、「幸せではありません」と感じている人の中には、もしかしたら「愛情(思いやり)」や「感謝」の気持ちが足りていないのかもしれません。

自分自身に対する「思いやり」を少しでも意識してみますと、何か違った感覚を味わう事が出来るかもしれませんね?


「幸せ」とは人それぞれの判断基準が異なります故、定義をする事は出来ません。
ただ、幸せとは「なる」ものではなく、「感じる」ものであるという観点で捉えてみる時、今日からでも「幸せを感じる」事は出来るのではないかと考えるのです。


今の僕(私)は、幸せを感じているだろうか?


この問いに対して、もしもNOであるとするならば、


僕(私)は何に対して幸せを感じるんだろうか? 



という問いかけを繰り返してみるのも一つの手ではないかと思います。


それではまた。
ありがとうございました。





☆クリックをお願い致します♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

Toshy

1973年・北海道生まれ。
東京都内の会計事務所を経た後、起業家として複数の企業・団体を創業。
その後、カウンセリングやコーチングに専念する。

20歳の時から心理学や自己啓発に目覚め、数多くの書籍を研究し始める。
その後、脳科学や量子物理学、神経学などといった科学的な分野の研究も始め、数多くの個人セッション体験や人材管理経験に科学的理論を交えたオリジナル技法(HANADA method)を開発。
これまで延べ17年間に渡り、数多くの人々の問題や悩み事、不調を解決・改善する手助けや、人材教育管理等を行ってきた。

常識に捉われない着想と発想により、自力解決できない状態にあるクライアントに対し、可能な限り最短での解決法・改善法を取り入れる事に重きを置く。

カウンセリングやコーチングなどに用いる専用ワークシートやプログラムテキストは計3,000ページ以上に及ぶ膨大な内容となっており、クライアントの状況や状態、症状などに応じて最適なものが選択可能となっている。

これまでの個人クライアントには、会社経営者、個人事業主、医師、看護師、教師、保育士、介護士、自衛官、営業マン、事務職、公務員、中学生、高校生、大学生、専業主婦、無職の人など幅広い層の人たちがいる。

現在は、従来の個人カウンセリングや個人コーチング、企業コーチングをはじめ、執筆活動、各種ビジネスデザイン、研究開発に力を注いでいる。

ブレイントレーナー。
メンタルコーチ。
上級心理カウンセラー。
人財アドバイザー。
経営アドバイザー。
自由人。